ギヤ雲台をアップグレードしまして

コラム

ギヤ雲台を買い足しました。
ちょっと個人的にイライラしてた時期でして・・・。

SWFOTO社のGH-PRO+ を選びました。

GH-PRO+ を買いました

稼働角度と、耐荷重から選択しました。
望遠レンズを利用時にしっかり使えるギヤ雲台が欲しくなった・・・という衝動から。

自由雲台では、600mmクラスの望遠レンズ利用時にキッチリと構図に合わせるのがキツイな・・・と思うことが最近多かったので、財布の紐が緩んだところで買ってしまったという。GH-PRO+は耐荷重が7kgということで、望遠レンズにも耐えられるとして選んでます。

GH-PRO+ 全体像

アルカスイス互換のプレートを使ったアタッチメント化

そのついでに、レベリングベースとかも組み合わせて、アルカスイスプレートによるアタッチメント化もやってみた。

GH-PRO+ と三脚セッティング

上から順番に・・・

  1. ギヤ雲台
  2. アルカスイスプレート(ギヤ雲台を固定)
  3. クイックリリースプレート(アルカスイスのプレートをワンタッチで脱着できる)
  4. レベリングベース(三脚が傾いてても、レベリングベースで水平を作れる。耐荷重25kg?)

三脚がこの下にあるわけで。

いろんな雲台もアタッチメント化すると、三脚を使い回せて便利

雲台をすべてアルカスイスプレートでアタッチメント化できた。

これらを簡単に切り替えられるようにしたわけです。
三脚を1本持っていけば、現場で雲台を入れ替えるだけで撮影スタイルを変えることができるわけです。

アルカスイス互換品で統一するのじゃ・・・。
安価なものもあるので、三脚メーカーの独自規格に縛られるよりは自由度がありますし、組み合わせる楽しさはあります。

三脚とアルカスイスアタッチメント

これで三脚関連はだいぶ揃ったかな・・・という気がする。

参考

このあたりの記事を読んでもらうと、アルカスイス互換で揃えるイメージが掴める・・・はず

コメント

タイトルとURLをコピーしました